2014年12月10日

『重力の虹』主な人物と組織のつながり

先月29日の、ABC本店でのトークイベントでお配りした「『重力の虹』配線図」、
以下のページにアップロードされています。
もともとA3用紙2枚を貼り合わせて描いたもので、A4のプリンタでは50パーセント縮尺になり、文字判別が苦しいかもしれません。パソコン画面で拡大すると、私のような老眼でも、きれいに読めます。
 左上が第一部(White Vistation での研究調査の話が中心)、左下が第二部(モナコのカジノに送られたスロースロップへの実験調査が続く)、そこを逃れて、ドイツの〈ゾーン〉を流れゆくスロースロップと、関係する群像の関わりを示すのが、右下から右上です。
 第四部は、それまでの出来事をランダマイズするようなところがあるので、描き込むとメチャクチャになります。止めておきました。


posted by ys at 22:34| ピンチョン通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

「『重力の虹』配線図」、近日ダウンロード


 1129日、青山ブックセンターで行いましたトークイベント「『重力の虹』の(楽しい)苦しみ方」で配布しました「『重力の虹』配線図」(A3ノビサイズ)は、近日中に新潮社側でネット公開すると連絡いただきました。

 また、当日のお話し内容は、1月初旬に発売される文芸誌「新潮」に掲載の予定です。その誌面で配線図──登場人物と組織の相互関連を示すもの──の「改良版」も掲載されるとのことです。(小さくなりますが十分読めると聞きました)

 なお、この「配線図」は「第三部まで」とお断りしています。というのも、第四部は、それまで整理されていたた関係を崩したり混線したりしながら進んでいくので、そこで進展する新しい繋がりはとりあえず排除した方がいいと思った次第。

 当日『重力の虹』の攻略法として、第二部から読んでもいいのではないかと申し上げたことに関して付記します。

 この小説は「線」ではなく多数の線が織りなす「面」としてあるので、ご自分の頭のなかに理解の「陣地」を拡げるつもりで読まれる方が実りが多いかもしれず、入門者は、筋が動き出す第二部(春)から始めると、入りやすい。そこから始めて、カラフルなファンタジーがぐんぐん拡がる第三部(夏)のスロースロップ章を読み進んでいくと、最初から楽しく引き込まれていくだろう、と。その後で、別方向をさぐっていく。点在するポインツマンとホワイト・ヴィジテーションの話、ブリツェロ、チチェーリン、エンツィアン、ペクラーの話と、相互の絡みに意識を拡げていく。

 全体を一望するような理解は、結局得られないと思います。その意味で「配線図」は、最終的な「図解」ではなく、とりあえずの手掛かりにしかなりません。

 スロースロップのエピソードが読者を惹きつける気持ちよさは、語りのどんな原理に依っているのか。──ルイス・キャロルのアリスの話と比較しながら、いま考えをまとめているところです。


posted by ys at 05:53| ピンチョン通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。