2011年10月26日

「17歳のこの胸に」

プロフィールに「1968年に17歳でアメリカの高校に留学」と書いたが、その時の出来事を、人前で語ったことはほとんどなかった。

僕の場合はAFS-15期。この夏、40年以上ぶりに、59歳から61歳までの同期の仲間が多数集まった。誰かがMLを組んだら、すごい量のメールが飛び交って。一気にそういう展開になったのだ。そして、いかにも昭和の子らしい「文集を作ろう」という話が出てきた。

「文集」といえば「ガリを切る」(ガリ版の上に原紙を置いて鉄筆でガリガリ書くこと)という言葉が出てきそうな世代の者が、でも、どうやって作るんだ? という話を始める。「まずブログを組むといいと思うよ」と僕が持ちかけ、みずから係となった。

というわけで、みんなの原稿をアップしていくうち(現リビア大使の西ヶ廣君もちゃんと投稿してきた)、封印していた僕の過去が溶け出してきたみたいで、僕ののめって書いてしまった。すでにネットにアップしたものだから、内緒にしてもしょうがない。一部をここにも乗っけます。

"Aki, get a date for Friday night. We're going to . . . " これが毎週、火曜日くらいになると降り掛かってきた宿題だった。最初は「もの珍しさ」も味方したのか、ガールズの反応は悪くなかった。でも、結局、僕にふりまくべきどんな魅力があっただろう――自分がアメリカナイズされている証拠がほしくて、戸口のキスをねだるような子に。それならむしろ、引っ込み思案の読書家みたいな方が、女の子から見てマシだったかもしれない。それでも僕は、体育会系少年の根性で毎週電話にしがみつき、エリアコードの違うフレージャー家の電話請求書の額を跳ね上げた。"Bob, you go out have your fun. I'll stay home and do my thing, OK?" ――これが言えなかった。そういう「知恵」は〈アメリカ〉からの「逃げ」のような気がしていた。不合理で、ちょっと破壊的でもあるけれど、熱気と葛藤に覆われたその不合理こそが青春なのだと、今は思える。

more at http://bunshu.seesaa.net/article/231623390.html
posted by ys at 06:50| Comment(0) | 教え直そう、日本の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。