2012年04月25日

次回配本『重力の虹』について

23015.jpg

『LAヴァイス』のピンクの帯に、
 2013年秋刊行予定 [最終配本]『重力の虹』[上・下]佐藤良明 訳

と書いてあります。
 2012年のミスプリでしょ? と言われそうですが、間違いありません。日本語版『重力の虹』の入稿が 2013年3月になることは不可避であります。大きな企画になりますので、それから本になって並ぶまでが半年。

 読者のみなさんにも、出版元にも、申し訳ないと思う部分もありますが、自分の力と作品とのバランス(正しくはアンバランス)を考えれば、いたしかたありません。

〈全小説〉シリーズへの懲役をあと一年ほど延長すると、おそれながら『ユリシーズ』(丸谷・永川・高松訳)に匹敵するくらいのレベルの『重力の虹』ができるのではないかと、そんな夢想に引っぱられて仕事を進めていくことができます。そのわがまま、お許し願いたく。

なお、サトチョンの翻訳日記を組み替えて、私的な日記と、日本語版『重力の虹』への情報&知識の提供を目的とするものの二つに分離する予定です。とりあえず、以前書いた記事一本を添付して、

『重力の虹』翻訳日記
http://gravitysrainbow.seesaa.net/

に貼り付けました。プログデザインがちと『メイスン&ディクスン』のようですが、いずれ変更を考えます。いつになるかはわかりません。

以上、ごあいさつまで。
posted by ys at 10:20| Comment(0) | ピンチョン通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。