2014年12月10日

『重力の虹』主な人物と組織のつながり

先月29日の、ABC本店でのトークイベントでお配りした「『重力の虹』配線図」、
以下のページにアップロードされています。
もともとA3用紙2枚を貼り合わせて描いたもので、A4のプリンタでは50パーセント縮尺になり、文字判別が苦しいかもしれません。パソコン画面で拡大すると、私のような老眼でも、きれいに読めます。
 左上が第一部(White Vistation での研究調査の話が中心)、左下が第二部(モナコのカジノに送られたスロースロップへの実験調査が続く)、そこを逃れて、ドイツの〈ゾーン〉を流れゆくスロースロップと、関係する群像の関わりを示すのが、右下から右上です。
 第四部は、それまでの出来事をランダマイズするようなところがあるので、描き込むとメチャクチャになります。止めておきました。


posted by ys at 22:34| ピンチョン通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。