2015年10月16日

新番組「ラジオ玉手箱」は、レトロを越えた、コアな昭和へお連れします。

 ラジオ高崎で新番組を始めました。

「ラジオ玉手箱」、

        毎週金曜 11:00 AM からの番組で、11時25分くらいから、キーウィ佐藤が登場して、コアな話をいたします。お相手は、長年のパートナー、田野内明美アナ。


 本日放送したのは、昭和30年ころの黒柳徹子のぶっちゃけぶりということで、子供向けラジオドラマ「ヤン坊・ニン坊・トン坊」と「チロリン村とクルミの木」のピーナツのピーコちゃん、音入りで紹介しました。徹子さんが冴子さんを演じた「一丁目一番地」も。「一丁目一番地カルタ」というのがあって、「ラ」の札には冴子さんの絵が描いてあって、読み札は「ライスカレーならお手の物」です。


 毎週、できるだけ誰もしらない話を持っていきます。

 来週はジャスト50年前の朝日新聞をもって、社会面記事、求人欄、雑誌広告や映画の惹句などにコメントいたしましょう(西郷輝彦ショーで、5月に続いてまた入口での将棋倒しが起きて警官が殉死したんですって。点数の悪かった生徒を座らせ、鉄パイプで流血の指導をした学校の先生のお話しもしましょう、あと連載小説「氷点」の一節も朗読します)。

 1965年10月23日、ベトナムに韓国軍兵士1万人到着、インドネシア情勢がきわめてヤバイです。今年見た映画「アクト・オブ・キリング」の背景は、ああ、こうだったのか、と夕刊を見て、よくわかりました。あの頃の新聞記者、すごくがんぱってた。

 今は全国で全国のラジオが聞けるんですね。「ラジオ高崎」で検索してください。

  http://tunein.com

スマホのアプリも便利です。  よろしければ ──金曜の昼前に。


posted by ys at 16:35| ラジタカ「エアー・プレイス」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。