2010年09月04日

マイ・フレンド、野村直樹

同じ歳、同じベイトソニアンとしてつきあいの古い野村直樹が新著を出した。
ナラティブ・時間・コミュニケーション』
前著『やさしいベイトソン』と同じく、やさしい語りかけの本。今回は第二部で、時間論に踏み込んだ。
佐藤からの引用は、ほんの10字ほどだが、活字がとても大きい。すっごく、章題より大きい字で

「愛しているよ」
/改ページ
「なあんちゃって」

一瞬、自分が言われているのかと思ってヒヤっとした。が、拙訳書『精神の生態学』(1990, 2000)に自分で書いた訳注の引用であった。
posted by ys at 17:22| いただいた本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。